Blog  Facebook  Twitter


Go to ALZ Site Español 中文 Chinese 日本語 Japanese 한국어 Korean Tiếng Việt Vietnamese About Us Contact Us Donate
Alzheimer's disease information and resources
24/7 helpline
800.272.3900
Share | Print
Text Size Small text Medium text Large text
If You Have Alzheimer's
Caregivers
Safety
Stress Relief
Find your chapter
Find your chapter
Search By State

Stress Relief

Introduction
10 symptoms of caregiver stress
10 ways to be a healthy caregiver

Introduction

Taking care of yourself is one of the most important ways to be a healthy caregiver. Ask yourself ... are you so overwhelmed by taking care of your family member that you've neglected your own physical, mental and emotional well-being?

If you find yourself without the time to take care of your own needs, you may be putting yourself and your health at risk.

Do you visit your physician regularly?
Be aware of what your body is telling you. Your exhaustion, stress, sleeplessness and changes in appetite or behavior should be taken seriously. Ignoring these symptoms can cause your physical and mental health to decline.

Do you accept assistance from others?
You can't do everything. Attempting to handle it all yourself will only lead to burnout, depression and resentment toward the person in your care.

Do you talk to others about your feelings?
You may think that no one understands what you are going through. Holding in your feelings, however, will only make you feel isolated and emotionally neglected.

10 symptoms of caregiver stress

  1. Denial about the disease and its effect on the person who's been diagnosed
    I know Mom is going to be better.
  2. Anger at the person with Alzheimer's or others, anger that no cure exists and anger that people don't understand what's going on
    If he asks me that question one more time, I'll scream!
  3. Social withdrawal from friends and activities that once brought pleasure
    I don't care about getting together with the neighbors anymore.
  4. Anxiety about facing another day and what the future holds
    What happens when he needs more care than I can provide?
  5. Depression that begins to break your spirit and affects your ability to cope
    I don't care anymore.
  6. Exhaustion that makes it nearly impossible to complete necessary daily tasks
    I'm too tired for this.
  7. Sleeplessness caused by a never-ending list of concerns
    What if she wanders out of the house or falls and hurts herself?
  8. Irritability that leads to moodiness and triggers negative responses and reactions
    Leave me alone!
  9. Lack of concentration that makes it difficult to perform familiar tasks
    I was so busy, I forgot we had an appointment.
  10. Health problems that begin to take their toll, both mentally and physically
    I can't remember the last time I felt good.

10 ways to be a healthy caregiver

  1. Get a diagnosis as early as possible.
    Symptoms of Alzheimer's may appear gradually. It can be easy to explain away unusual behavior when your family member seems physically healthy. Instead, consult a physician when you see signs of the disease.
  2. Know what resources are available.
    Get in touch with the Alzheimer's care resources in your community. Adult day care, in-home assistance, visiting nurses and Meals on Wheels are just some of the services that can help. Start with your local Alzheimer's Association chapter.
  3. Become an educated caregiver.
    As the disease progresses, new caregiving skills are necessary. The Alzheimer's Association can help you better understand and cope with the behaviors and personality changes that often accompany Alzheimer's.
  4. Get help.
    Doing everything by yourself will leave you exhausted. Seek the support of family, friends and community resources. If you're afraid to ask for help, have someone advocate for you. Alzheimer's Association support group meetings, helplines and our online community are good sources of comfort and reassurance. If stress becomes overwhelming, seek professional help.
  5. Take care of yourself.
    Watch your diet, exercise and get plenty of rest. Make time for shopping, a movie or an uninterrupted visit with a friend by taking advantage of community services like adult day care or in-home services. To learn more about the respite care services in your area, contact your local Alzheimer's Association chapter.
  6. Manage your level of stress.
    Stress can cause physical problems (blurred vision, stomach irritation, high blood pressure) and changes in behavior (irritability, lack of concentration, loss of appetite). Note your symptoms. Use relaxation techniques that work for you, and consult a doctor.
  7. Accept changes as they occur.
    People with Alzheimer's change and so do their needs. They often require care beyond what you can provide on your own. A thorough investigation of care options should make transitions easier; so will the support and assistance of those around you.
  8. Do legal and financial planning.
    Plan ahead. Consult an attorney to discuss legal and financial issues, including durable power of attorney; living wills and trusts; future medical care; housing; and long-term care insurance. If possible and appropriate, involve the person with Alzheimer's and other family members.
  9. Be realistic.
    Know that the care you provide does make a difference. Also know that, until a cure is found, the progression of Alzheimer's disease is inevitable. Many of the behaviors that occur are beyond your control and the control of the person with Alzheimer's. Give yourself permission to grieve your losses, but also focus on the positive moments as they arise and enjoy your good memories.
  10. Give yourself credit, not guilt.
    At times, you may lose patience and find yourself unable to provide all the care the way you'd like. Remember, you're doing the best you can. Don't feel guilty because you can't do more. Your elder needs you, and you are there – that should make you feel proud.

Next: If You Have Alzheimer's

はじめに
介護ストレスの10の症状
健康な介護者でいるための10の方法

はじめに

自分自身を大切にすることは,健康な介護者として一番大切なことです。自分自身に尋ねてみましょう・・・家族の世話に忙殺されるあまり,自分自身の身体的,精神的,感情的健康を無視していませんか?

自分自身のニーズを満たす時間がないのであれば,それはあなた自身とあなたの健康がリスクにさらされている証拠かもしれません。

あなた自身が定期的に検診を受けていますか?
あなた自身の体の声に耳を傾けましょう。 疲労,ストレス,睡眠不足,食欲や挙動の変化が深刻なサインとなる場合があります。 このような症状を無視すると,あなた自身の身体的および精神的健康の低下に繋がることがあります。

他の人からの協力を受け入れていますか?
あなた1人で全てをこなすことはできません。 自分だけで全てを賄おうとすることは,疲労困憊,抑うつ,および世話をしている相手への憤りに繋がることになります。

他の人にあなたの気持ちについて話していますか?
あなたが経験していることについて,本当に理解できる人などいないと思っているかもしれません。 しかし,あなたの感情を閉じ込めることは,ただあなたを孤独にし,感情的に無視された状態に導くだけです。

介護ストレスの10の症状

  1. アルツハイマー病,および診断された人へのその影響について否定する
    もちろん母は必ず良くなる
  2. アルツハイマー病の人や他者に対する怒り,治療法がないことへの怒り,何が起きているかについて誰も理解してくれないという怒り
    もし彼がもう一度同じことを聞いてきたら,怒鳴りつけてやる!
  3. 友人や以前は楽しんでいた活動に興味を示さない
    ご近所との集まりにはもう興味がないわ
  4. 次の日がやってくること,将来はどうなるのかに対する不安
    もし彼に,私ができること以上の介護が必要になったらどうしよう?
  5. 抑うつがあなたの元気を失わせ,対処する能力に影響を与え始めた
    もうどうでもいい。
  6. 疲労のため,必要な日課を終えることがほとんど不可能である
    もう疲れててこれはできない。
  7. 終わりのない心配事で睡眠不足になる
    もし彼女が家の外に徘徊していって転んだり怪我したらどうしよう?
  8. 苛立ち,不機嫌になったり悲観的な返答あるいは反応をする
    ほおっておいて!
  9. 集中力が欠如し,慣れていた作業を遂行するのが難しい
    とても忙しくて,約束があったのを忘れてしまった。
  10. 精神的および身体的に健康問題が生じてくる
    最後にいい気分だったのはいつかなんて覚えてない。

健康な介護者でいるための10の方法

  1. できるだけ早めに診断を受ける。
    アルツハイマー病の症状は徐々に現れるかもしれません。 その人が身体的に健康に見える場合は,普通ではない行動に説明をつけるのは簡単なことです。 それでも,アルツハイマー病の兆候に気づいたらすぐに医師に相談しましょう。
  2. どのようなリソースがあるのか理解する。
    コミュニティの中にあるアルツハイマー病の介護リソースに連絡しましょう。 成人用デイケア,居宅サービス,訪問介護,配食サービスなどは,そのほんの一部です。まずは地域のAlzheimer's Association chapter までお問い合わせください。
  3. 教養のある介護者になる。
    アルツハイマー病が進行するに従って,新たな介護スキルが必要となります。 Alzheimer's Associationは,アルツハイマー病に伴って起こる挙動および性格の変化をよりよく理解し,対処するお手伝いをします。
  4. 協力を求める。
    全て自分で賄おうとしても,疲れてしまうだけです。 家族,友人のサポートを求め,コミュニティのリソースを利用しましょう。自分から協力を求めるのは難しいという場合は,第三者があなたを支援します。Alzheimer's Associationの支援グループミーティング,ヘルプライン,および オンラインコミュニティ は,癒しと新たな自信を生み出す源となるでしょう。また,過度のストレスを感じたら,専門家のサポートを受けましょう。
  5. 自分を大切にする。
    自身の食生活に注意を払い,エクササイズをし,たっぷりと休息をとりましょう。 成人デイケアや居宅サービスなどコミュニティサービスを利用して,買い物や映画に行ったり,気の置けない友人との時間を過ごしましょう。あなたの地域のレスピットケアサービス(家族の休息の為のサービス)についての詳細は,最寄りのAlzheimer's Association chapter までお問い合わせください。
  6. ストレスの度合いを管理する。
    ストレスは身体的問題(視力問題,腹部の不快感,高血圧)および心身の状態の変化(苛立ち,集中力の欠落,食欲減退)を起こすことがあります。 症状を記録しておきましょう。また,あなたのお気に入りのリラックス方法を実行し,医師に相談しましょう。
  7. 起こる変化を受け入れる。
    アルツハイマー病患者は変化し,またそのニーズも変わっていきます。 あなた1人では賄えないほどの介護が必要となる場合もよくあります。介護オプションの綿密な調査,そしてあなたの周りからのサポートにより,移行は容易となり得ます。
  8. 法的および財政的計画を立てる。
    計画は前もって立てましょう。 永続的委任状,遺言および信託,将来の医療介護,住居,長期介護保険などを含めた,法的および財政的事項を弁護士と話し合いましょう。 状況に応じて適している場合,アルツハイマー病の人およびその他の家族も会合に招きましょう。
  9. 現実的でいること。
    あなたの行っている介護は実際に違いを生み出しているのだという事実を理解しましょう。 しかし,治療法が確立されるまで,アルツハイマー病の進行は避けることができないということもまた事実です。アルツハイマー病の人の行為は,あなたもアルツハイマー病患者もコントロールすることはできません。失われたものを悼むことを避ける必要はありません。しかし前向きな時間も生まれます。そこに焦点を当て,素晴らしい思い出を楽しむようにしましょう。
  10. 罪悪感ではなく,自分はよくやっていると認めること。
    時には忍耐力を失い,思った通りには介護を行えないこともあるでしょう。 大切なのは,あなたはできる限りのことをしているのだということを覚えておくことです。もっとできないからといって罪悪感を覚えてはいけません。あなたの介護している高齢者はあなたを必要とし, そしてその場所にあなたはいるのです。自分を誇りに思ってください。

次項: アルツハイマー病と診断されたら

Alzheimer's Association National Office 225 N. Michigan Ave., Fl. 17, Chicago, IL 60601
Alzheimer's Association is a not-for-profit 501(c)(3) organization.

© 2018 Alzheimer's Association. All rights reserved.