Blog  Facebook  Twitter


Go to ALZ Site Español 中文 Chinese 日本語 Japanese 한국어 Korean Tiếng Việt Vietnamese About Us Contact Us Donate
Alzheimer's disease information and resources
24/7 helpline
800.272.3900
Share | Print
Text Size Small text Medium text Large text
Diagnosis
Treatments
Clinical Trials
Find your chapter
Find your chapter
Search By State

Treatments

Introduction
Cognitive symptoms: Drug treatments
Behavioral symptoms: Causes and treatments

Introduction

Currently, there is no cure for Alzheimer's. But drug and non-drug treatments may help with both cognitive and behavioral symptoms.

Cognitive symptoms: Drug treatments

Cognitive symptoms affect memory, awareness, language, judgment and other thought processes. The U.S. Food and Drug Administration (FDA) has approved two types of drugs to treat cognitive symptoms of Alzheimer's disease.

  1. Cholinesterase (KOH-luh-NES-ter-ays) inhibitors prevent the breakdown of acetylcholine (a-SEA-til-KOHlean), a chemical messenger important for memory and learning. By keeping levels of acetylcholine high, these drugs support communication among nerve cells.

    Three cholinesterase inhibitors are commonly prescribed:
    • Donepezil (Aricept), approved to treat all stages of Alzheimer's disease.
    • Rivastigmine (Exelon), approved to treat mild to moderate Alzheimer's.
    • Galantamine (Razadyne), approved to treat mild to moderate Alzheimer's.
  2. Memantine (Namenda) works by regulating the activity of glutamate, a different messenger chemical involved in learning and memory. It is approved to treat moderate to severe Alzheimer's disease.

Behavioral symptoms: Causes and treatments

Many people find changes in the person's behavior the most challenging and distressing effect of the disease. These include anxiety, agitation, aggression and sleep disturbances. The chief underlying cause of behavioral and psychiatric symptoms is the progressive damage to brain cells. Other possible causes of behavioral symptoms include:

  • Drug side effects
    Side effects from prescription medications may be at work. Drug interactions may occur when taking multiple medications for several conditions.
  • Medical conditions
    Symptoms of infection or illness, which may be treatable, can affect behavior. Pneumonia or urinary tract infections can bring discomfort. Untreated ear or sinus infections can cause dizziness and pain.
  • Environmental influences
    Situations affecting behavior include moving to a new private residence or residential care facility; misperceived threats; or fear and fatigue from trying to make sense of a confusing world.

Drug treatments for behavior
There are two types of treatments for behavioral symptoms: non-drug treatments and prescription medications. Non-drug treatments should be tried first.


Non-drug treatments for behavior
Steps to developing non-drug treatments include:

  1. Identifying the symptom
  2. Understanding its cause
  3. Changing the caregiving environment to remove challenges or obstacles

Identifying what has triggered behavior can often help in selecting the best approach. Often the trigger is a change in the person's environment, such as:

  • New caregivers
  • Admission to a hospital
  • Presence of houseguests
  • Being asked to bathe or change clothes

Prescription medications can be effective in managing some behavioral symptoms, but they must be used carefully and are most effective when combined with non-drug strategies. Medications should target specific symptoms so that response to treatment can be monitored.

Prescribing any drug for a person with Alzheimer's is medically challenging. Use of drugs for behavioral and psychiatric symptoms should be closely supervised by a doctor and the family of the person with Alzheimer's.


Next: Clinical Trials

はじめに
認知機能における症状: 薬物治療
行動における症状: 原因と治療

はじめに

アルツハイマー病の治療法はまだ発見されていません。しかし,薬物治療あるいは非薬物治療が,認知機能または行動における症状の両方を緩和する可能性があります。

認知機能における症状: 薬物治療

認知機能における症状は,記憶,自覚,言語,判断,その他の思考プロセスに影響を与えます。 米国食品医薬品局(FDA)はアルツハイマー病の認知能力における症状の治療に対し2種類の医薬品を認可しています。

  1. Cholinesterase (コリンエステラーゼ)は,記憶および学習において重要な化学伝達物質であるacetylcholine(アセチルコリン) の分解を阻害する抑制物質です。 これらの抑制物質は,アセチルコリンを高レベルに保つことで神経細胞間の伝達を促進します。

    通常,3種のコリンエステラーゼが処方されます:
    • Donepezil (Aricept),アルツハイマー病の全段階に対する治療に対して認可済み。
    • Rivastigmine (Exelon),軽度から中等度のアルツハイマー病の治療に対して認可済み。
    • Galantamine (Razadyne),軽度から中等度のアルツハイマー病の治療に対して認可済み。
  2. Memantine (Namenda) は,学習および記憶に関連する化学伝達物質であるグルタミン塩酸の活動を制御するものです。 中等度から重度のアルツハイマー病の治療への使用が認可されています。

行動における症状: 原因と治療

アルツハイマー病の影響として,発症者の挙動の変化が最も困難かつ苦痛であると多くの人が考えています。 挙動の変化には,不安,焦燥的興奮,攻撃性,睡眠障害などが含まれます。 挙動および精神的症状の主要な原因は,脳細胞における進行性損傷です。 挙動的症状のその他の原因として,次の項目が考えられます:

  • 薬物副作用
    医薬品の副作用が影響している場合があります。 複数の症状のためにいくつかの医薬品を摂取している場合,薬理相互作用が起きる場合があります。
  • 健康状態
    治療可能な感染や疾患の症状が挙動に影響を与えることがあります。 肺炎あるいは尿路感染症が不快感をもたらしているのかもしてません。 治療していない耳鼻感染症がめまいや痛みを引き起こしているのかもしれません。
  • 環境的影響
    挙動に影響を与える状況には,新しい住居あるいは居住施設への引越し,脅威と誤解した状況,混乱してみえる世界を理解しようと努めることから生まれる怯えや疲れなどがあります。

挙動に対する薬物治療
挙動的症状に対する治療には, 非薬物治療と医薬品治療の二種類があります。 治療は,はじめは非薬物治療を選択しましょう。


挙動に対する非薬物治療
非薬物治療のプランを立てるステップには,次の項目が含まれます。

  1. 症状の識別
  2. その原因の理解
  3. 介護環境を変え,困難や障害となる物を取り除く

挙動を引き起こす誘因を認識することが,最適な取り組み方を選択する助けとなります。 時には,アルツハイマーの人の環境の変化が誘因となっている場合もあります。以下はその例です。

  • 新しい介護者
  • 入院
  • 自宅への訪問客
  • 入浴や着替えを求められる

医薬品の処方は一部の挙動的症状の管理に効果を表しますが,その使用には注意を要します。また,非薬物療法と組み合わせた場合に最も高い効果が見られます。 治療に対する反応が観察できるよう,医薬品は特定の症状をその治療対象とします。

アルツハイマー病の人に薬を処方するのは,細心の注意を要します。 挙動および精神的症状に対する薬物の使用には,医師および患者の家族による注意深い監視が必要です。


次項: 臨床試験

Alzheimer's Association National Office 225 N. Michigan Ave., Fl. 17, Chicago, IL 60601
Alzheimer's Association is a not-for-profit 501(c)(3) organization.

© 2018 Alzheimer's Association. All rights reserved.